大東建託健康保険組合

大東建託健康保険組合

組合案内
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

脳ドック補助金制度

脳の危険度チェック

脳ドックは、MRI(脳内部と磁気を用いて輪切りに撮影)やMRA(脳内部の血管を撮影)等の高度な医療機器を用いて、ほとんど苦痛なく脳の検査ができるようになっています。
脳血管疾患は「がん」「心疾患」に次ぎ、現在の日本人の死因第3位です。
命を取り留めても障害が残り、日常生活に不自由をきたしている人も多くいます。
通常の健康診断ではわからない脳の健康状態を定期的に知ることが大切です。

実施要領

補助対象者 30歳以上の社員および家族(被扶養者)
補助条件 2年に1回
※年度(4月1日~翌年3月31日)で確認。
補助内容 脳ドック(MRI,MRA) 
  • ※脳ドックと併せて受診した他の検査費用は補助対象外
  • ※海外の医療機関は対象外
補助金額 検査費用の70% (上限28,000円)
申請期限 検査日の属する月の6か月後月末日
  • (例) 検査日4/5の場合
    検査日の属する月:4月
    6か月後月末日:10月31日
  • ※検査時は在籍していても、退職後の支給は不可とします。
支給日 毎月25日までに受付分を 翌月15日(給与支払日)に支給いたします。
  • ※支給日が土日・祝日の場合、直前の平日

申請方法

任意の医療機関に予約、受診、費用全額支払い後に、以下のとおり申請してください。

必要書類
  • 領収書
    ※被保険者名義又は受診被扶養者名義
    ※脳ドック費用である旨が明記されているもの
    (脳ドックと併せて他の検査を受診した場合は、脳ドック費用分が明示された領収書が必要になります。)
  • 健診結果
  1. STEP1健康ポータルサイト"Pep Up"にログイン
  2. STEP2補助金申請ボタンより「脳ドック補助金申請」を選択
  3. STEP3必要事項を入力し、領収書、脳ドック結果を添付の上、申請

脳ドック補助金申請マニュアル

  • ※申請には、健康ポータルサイト"Pep Up"のユーザー登録が必要です。
    ユーザー登録方法等はPep Upについてをご覧ください。

ページ先頭へ戻る