大東建託健康保険組合

大東建託健康保険組合

組合案内
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

多剤処方通知

目的

医療機関からの重複・多剤処方の防止により、同一薬効の服薬等に伴う健康上の悪影響を防止する。

対象者

直近半年間で、医療機関から同一薬効の薬剤を6種類以上処方されている方

  • ※対象期間中に、がん・難病・透析治療等を受けられている方は除外

多剤処方通知の送付

毎年9月上旬に、対象者宛に送付します。

被保険者 社内メール便にて被保険者宛に送付
被扶養者 社内メール便にて被保険者宛に送付

適切な服用管理に関する依頼事項

通知対象者が被保険者(社員)の場合

健康保険組合宛に以下内容をメールにてご報告ください。

  • ※送信元メールアドレスは、社用・プライベート用いずれも可とします。
  • 報告内容
    • ①保険証記号・番号
    • ②氏名
    • ③多剤処方防止に関する同意文
      「案内文を確認・理解し、かかりつけ医・かかりつけ薬局に相談の上、多剤処方防止に努めます。」
  • 報告先
    大東建託健康保険組合
    kenpo-goiken@kentaku.co.jp

通知対象者が被扶養者(家族)の場合

同封の案内文をご確認いただき、かかりつけ医・かかりつけ薬局に相談の上、多剤処方防止に努めていただくよう、社員の方から推進をお願いいたします。

  • ※健康保険組合への報告は不要です。

ページ先頭へ戻る