大東建託健康保険組合

大東建託健康保険組合

組合案内
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

訪問健康指導

実施内容・目的

医療専門スタッフ(保健師・看護師)が自宅を訪問し、生活習慣、医療・服薬に関する健康指導・相談を行い、高齢者の健康増進・医療費適正化を図ることを目的としています。

  • 健康管理に対する意識向上
  • 適正な医療機関受診
  • 介護福祉制度等の理解

<実施委託先:SOMPOヘルスサポート株式会社>

対象者

実施年度60~73歳になる方

実施スケジュール

7月初旬 訪問健康指導のご案内を送付
7月上旬 委託先の医療専門スタッフより、電話で訪問健康指導の希望を確認・訪問日時決定
7月中旬~9月上旬 第1回目訪問
1月中旬~3月上旬 第2回目訪問

※訪問指導の結果、対象者の健康状態等により、2~3回の訪問指導をおすすめする場合があります。

訪問健康指導費用

無料(全額組合負担)

前期高齢者納付金

前期高齢者の健康増進・維持を図ることが、結果として、前期高齢者の医療費抑制となり、当組合の財政健全化につながりますが、その他、前期高齢者納付金の削減にも大きく影響します。

前期高齢者納付金とは

前期高齢者(65歳以上75歳未満)は、会社員が加入する健康保険組合に比べ、自営業者・定年退職者等が加入する国民健康保険組合の方が、圧倒的に多く加入しています。

このため、健康保険組合は、前期高齢者の加入人数が多い(=医療費がかかる)国民健康保険に「前期高齢者納付金」を負担することで財政支援を行っています。(=これを「制度間調整」と言います。)

納付金の算定方法

当組合に、全保険者平均と同水準の前期高齢者が加入していた場合の予想保険給付費を算出し、前期高齢者納付金として納付します。

<加入者調整率>
前期高齢者の全保険者平均加入率÷当組合加入


※各保険者の加入率…平成26年度予算ベース

ページ先頭へ戻る