大東建託健康保険組合

大東建託健康保険組合

組合案内
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

特定健診・特定保健指導

40歳から74歳までのすべての被保険者および被扶養者に対して、特定健康診査(特定健診)が実施されています。特定健診とは、メタボリックシンドロームの該当者および予備群を減少させるための特定保健指導を必要とする人を抽出するために行うものです。

POINT
  • 40歳になると、特定健診の対象となります。
  • 特定保健指導の対象となった方には、健康的な生活に自ら改善できるよう、さまざまな働きかけやアドバイスを行います。

特定健診・特定保健指導の目的

これまでの健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としていました。

特定健診・特定保健指導では、内臓脂肪型肥満に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を減少させること(病気の予防)を目的としています。生活習慣病は自覚症状がないまま進行するため、健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会と位置づけ、行動変容につながる保健指導を行います。

特定健康診査(特定健診)とは

特定健康診査(特定健診)は、内臓脂肪型肥満に着目した、生活習慣病予防のための保健指導を必要とする人を選び出すための健診です。健診項目には、内臓脂肪の蓄積状態をみるために腹囲の計測が追加されるなど、特定保健指導の対象者を的確に抽出するための検査項目が導入されています。

対象者は40歳以上75歳未満(年度途中に75歳に達する人を含む)の加入者で、被保険者だけでなく被扶養者も対象となります。

特定健診の結果をもとに、内臓脂肪蓄積の程度とリスク要因の数に着目して、リスクの高さに応じて、レベル別(「動機付け支援」・「積極的支援」)に特定保健指導の対象者の選定を行います(階層化という)。

なお、特定健診を受けた人には、全員に健診結果に基づいて一人ひとりにあった「情報提供」が、結果の通知と同時に行われます。

階層化のステップ

特定保健指導

1.実施概要

健康診断の結果、生活習慣病の発症リスクが高いと判定された方に対し、継続的な改善取り組みが行えるよう支援する、特定保健指導を実施します。
保健師等の医療専門スタッフとの面談により、生活習慣改善のための目標を設定、継続して取り組み、6か月経過時に最終評価を実施します。

実施機関 保健支援センター(外部委託機関)
実施場所 各事業所
※委託機関の保健師等が来社し、対象者に「初回面談」を実施します。
実施日程 11月以降(事業所・委託機関で調整の上、決定)

2.対象者

40歳以上75歳未満の健康保険組合加入者で、健康診断の結果から生活習慣病予防が必要であると判定された被保険者

積極的支援(高リスク)

医師・保健師・管理栄養士等の指導のもとに行動計画を作成の上、生活習慣改善に取り組めるよう定期的・継続的な働きかけを行い、最終的に計画どおり効果が出ているかなどを評価します。

<指導フロー>

  • 保健師等による初回面談(30分程度)
  • 電話、web等による継続的なフォロー
  • 6か月後に成果を確認し、評価を実施
動機付支援(低リスク)

医師・保健師・管理栄養士等の指導のもとに行動計画を作成の上、生活習慣改善に関する動機付けを行い、最終的に計画どおり効果が出ているかなどを評価します。

<指導フロー>

  • 保健師等による初回面談(30分程度)
  • 6か月後に成果を確認し、評価を実施

※特定保健指導の費用は全額健康保険組合にて負担します。

3.実施方法

事業所で面談を実施します。詳細は社内イントラでご案内します。

2018年度の特定保健指導完了者のうち、約35%の方には体重減少の効果がみられましたが、17%の方は逆に体重が増加しています。

ページ先頭へ戻る